超軽量型特殊ワイドシャックル一覧

環境を考えたシャックルとは・・・

環境を考えたシャックル

関西工業蠅任蓮△匹Δ垢譴仄匆颪箚超に対して貢献できるかを考えていました。
我々が出した答えは、シャックルと一緒に使われる部品(ワイヤロープ・ラウンドスリング・ベルトスリング゙等)の寿命(耐久性)を伸ばすことで、エコに貢献し、使用する人の消耗コストをダウンする。その為には、より安全で、より軽く、使いやすく、壊れにくいシャックルを作る事でした。作業をする人・購入する人に喜んでいただくことで、社会や環境に貢献できると考えています。それが、KANSAIワイドシャックルです。

玉掛作業やジョイント作業になくてはならないもので、シャックル単独で使用されることはほとんどありませんが、シャックルといえば「KANSAI」といわれるほどバリエーションに富んだもので、6ミリから220ミリまであります(使用荷重0.2tから800tのサイズです)
より軽く、より小さく、より精度よくといった個性と、より強く、より使いやすく、より安全であることを追及したKANSAIのシャックルは世界でもその安全性と技術は高い評価を得ています。
主に、造船所さん・製鋼所さん・橋梁会社さん・ゼネコン・マリコンさん、オフショア関係やサルベージ会社さん、漁師さんたちの作業現場で活躍しています。

超軽量型特殊ワイドシャックル SWS
SWS(ストレートタイプ)

JIS-V級をベースにより軽く、より使いやすくを目的に超軽量型のワイドシャックルを完成させました。KANSAIオリジナルです。重量もJIS-V級なみに軽く、テストロードも2倍の集中荷重で安全率も6倍以上。腰痛を軽減し、使う方に最高の感動をお届けします。

使用荷重・・・35t〜125t
超軽量型特殊ワイドシャックル SWB
SWB(バウタイプ)

JIS-V級をベースにより軽く、より使いやすくを目的に超軽量型のワイドシャックルを完成させました。KANSAIオリジナルです。重量もJIS-V級なみに軽く、テストロードも2倍の集中荷重で安全率も6倍以上。腰痛を軽減し、使う方に最高の感動をお届けします。

使用荷重・・・27.5t〜125t
超軽量型特殊ワイドシャックル専用ガイドローラー
超軽量型特殊ワイドシャックルのピン側にワイヤロープを連結する場合、組み込んで御使用下さい。
各シャックルごとの専用サイズになっております。
超軽量型ワイドシャックル 特徴
とにかく軽い!作業性が良い!!

使用荷重が50tonのシャックルで比較すると・・・

JIS BB-90シャックル(M級)の重量は 152
軽量シャックルRB-50tonの重量は 94
超軽量型特殊ワイドシャックルの重量は何と 35.9圈!

本体のみでは23kg程度なので、片手で持ち上げる事が可能です。
(写真左)

今までのシャックルとは比較にならない程軽く、作業効率が驚くほど向上します。ワイヤの寿命も大幅に延びます。

また、シャックルが立てた状態で作業が出来るため、従来2人作業だったものが1人で玉掛けが出来るようになります。
(写真右)