沿革

昭和18年 7月 鞆町において、8工場を合併して鞆船舶金物製造機株式会社を資本金19万8千円にて設立
昭和22年 12月 関西工業株式会社と社名変更する
昭和32年   造船金物に進出し各大手造船所の鍛造金物を生産
昭和36年   トロール用のシャックル、漁業資材の金物を全般的に生産開始
昭和37年 6月 資本金を800万円に増資
昭和38年   日本ホイストクレーンと業務提携し、ホイストクレーン用滑車500K〜30T迄生産開始
昭和45年 7月 資本金2,100万円に増資

新鋭第二工場を完成。シャックルの6φ〜125φまで新鋭設備により操業を開始しシャックルの増産に入る
昭和46年   海外マーケットに進出、東南アジアに輸出を始める
昭和52年   アムスラー横型試験機350T、NK認定。ホージングプレス1,600T(栗本鉄工製)の導入により型打鍛造分野に大幅進出、凡ゆる型打製品の生産開始、ホージングによるシャックルも生産
昭和54年 3月 箕島工場用地3,300m2購入
昭和55年 5月 海洋開発大型鍛造品に進出
  7月 アラムコ認定工場となる(アラビアンオイル)
昭和56年 1月 箕島鋼材センター完成(建築面積2,300m2)
昭和59年 3月 自動ホージングプレス1,000t(栗本鉄工製)の導入により、小型精密鍛造型打製品の生産開始
昭和60年   鞆第三工場建設(建築面積1,056m2)

自動ホージングプレス2,500t(栗本鉄工製)の導入

自動連続加熱供給装置三井カナテックス式1,200kwビレットヒーター(三井造船製)の導入
昭和63年 3月 金型加工装置導入
  9月 三菱軽量シャックル認定工場となる。
平成元年 5月 福山市箕島町に新本社工場用地として21,841m2と3,295m2、計25,136m2を購入し建設に着手
平成 2年 3月 新工場自動ラックシステムの1,128パレット製品ヤード完成(事務所、鍛造工場、工作機械工場完成)
  12月 新本社工場完成
平成 3年 9月 橋梁分野に進出
平成 5年   明石海峡大橋ケーブル工事金物納入
平成 6年 9月 私募債1億円を発行
平成 7年 1月 2,000tアプセッタープレス導入及び、600tクランクプレス導入シャックル220φまで生産、吊り加重800t迄製作及び大径六角ボルト200φまで生産可能
    来島海峡大橋ケーブル工事金物納入
平成 8年 9月 大阪中小企業投資育成株式会社に加入
  10月 資本金を5,000万円に増資
平成 9年 3月 ターニングセンターTMD−13型(東芝機械製)導入により、外径1,500m/m迄シーブ製作可能となる。
平成11年 2月 CNC旋盤SL600B/2000外5台(森精機製)導入により加工部門の充実を計る。
CNCジグボーラーYBM850V(安田工業製)導入により金型部門の充実を計る。
平成12年 2月 CNC旋盤(オークマ製)4台導入
平成13年 11月 オークマ(株) LH55-N×3,000大径主軸導入
平成14年 3月 新工場増設 3月完成

フォージングプレス 1600t(住友重機)2基導入

牧野フライス 立形マシニングセンターV77型導入
平成15年 2月 ISO9001承認取得
  3月 オークマ(株) 立形マシニングセンターMA650VB 導入
平成16年 2月 横形マシニングセンターSH-8000(森精機製)導入
  3月 CNC旋盤(森精機製)3台導入
  7月 五面加工機MCR-A 20×40(オークマ製)導入
  7月 2500t油圧プレス(川崎油工製)導入
平成17年 2月 バッチ式鍛造加熱炉(LPG)2基導入
  9月 CNC旋盤 NL2000MC/500(森精機製)2台導入
平成18年 1月 800KW 1/2KHZ ビレットヒーター(三井造船製)導入
    先端燃高効率誘導加熱装置 USH-NFF-3P(三井造船製)導入
平成19年 3月 横形マシニングセンター NH6300DCG 導入
    NC旋盤 BND-51SY2 導入
    400KWビレットヒーター 導入
  12月 対向NCボーリングマシン3号機 導入
平成20年 3月 CNC旋盤 NL2000MC/500 2台 追加導入
    立形マシニングセンター MV-653/50 導入
  7月 AG55L型3軸リニアモータ駆動高速形彫り放電加工機 導入
  7月 AQ750L Premium型リニアモータ駆動大型ワイヤ放電加工機 導入
  7月 インバーターコンプレッサー OSP37VARN 4台導入
  8月 C型先端加熱装置 USH-NFF-SUC-15 導入
  9月 NC旋盤 LB3000EX 3台導入
  11月 NC旋盤 TAC-950L3 導入
  11月 ダイホルダー(上・下)FPX1600 導入
  12月 100ton油圧プレス 導入
平成21年 2月 電気炉 USH-NFF-3UB(400kw) 導入
  3月 シャックル用曲げ機 能力38φ 導入
  9月 対向ボーリングマシン U2107 導入
平成22年 1月 軌条式天井クレーン15t(日本ホイスト製)導入
    熔流・面取りロボット(6軸)TA1800ベベルマスター 導入
    門形自動ガス切断機(切断能力300mm) KT-650J 導入
  3月 徐冷炉 導入
  3月 AQ1200L リニアモータ駆動大型ワイヤ放電加工機(国内最大級) 導入
  8月 回転バレル研磨機 2台導入