社長挨拶

代表取締役社長 羽田 和弘
これからは環境を考えた物作りなくして企業の存続はないと考えます。
その為にはリサイクルが確立しており、安全で耐久性能が今以上あり、その品物を使用する側の消耗費がおさえられる物作りでなくては、事業も成り立たなくなり、世界は使い捨て時代の終焉を迎えるのではないでしょうか。
我々はそういった考えで、新たな物作りを追求します。

関西工業の人づくり

菜根譚(さいこんたん)という本の中にこんな内容のことがありました。
「欲望に絡むことは、たとえそのことが手軽に楽しめるからといって、安易に手を出してはならない。一度その味を覚えてしまうと、それにおぼれ歯止めがきかなくなってしまうからだ。 これとは逆に、人として正しい行いをすることについては、たとえそれが難しいことであっても、決して尻込みをしてはならない。一度そこから逃げてしまうと、どんどん道理から外れた生き方をせざるを得なくなってしまうからだ。」 自分に正直に(ウソをつかず)、前向きに(プラス思考で)、勇気を持って前に進める人が集える会社作りを目指します。

経営理念の実践
『顧客には完全な製品以外出荷しない』という品質方針を守るために
誠実で正直に仕事に取り組み進化向上すること。

3つのムダを省きましょう。
1. 時間のムダ ・・・ 報告・連絡・相談が出来ていれば、半日早く言ってくれていればとか、1日ズレたということがなくなる。
2. 段取のムダ ・・・ 整理・整頓・清潔・清掃ができていれば、仕事のスタートは早い。
3. 考え方のムダ ・・・ 自分はこうだから、できないとすぐに言う人は進歩がない。
自分を変えて進化向上する人のみが必要とされ生き残る。